菊芋の効能と菊芋パウダー記事一覧

菊芋粉末の効能、糖尿病と赤菊芋紅菊姫効果効能

菊芋が一般的に期待されています効能効果と、菊芋粉末パウダーを使った母の口コミなどに関する記事の一覧、前半です。

菊芋とは?

菊芋はイモの仲間ではなく菊、キク科の植物です。

芋類のようにデンプン(糖質になるもの)はほとんど含まれておらずイヌリンという成分(食物繊維)を多く含んでいます。

菊芋パウダーの口コミ体験14日目

菊芋、赤菊芋の効能効果と紅菊姫の口コミ体験14日目。
紅菊姫、というその効能効果が学会で発表されている菊芋パウダーを糖尿病の母に勧める前、自分で使った体験口コミです。

イヌリンとは?

イヌリンが水溶性(水に溶ける)食物繊維の一種で消化吸収されにくく、腸内環境の改善が期待出来て、脂肪分も取り込むと期待されている成分です。

菊芋に期待されている効能や効果はこのインスリンによるもの、とされています。

菊芋の効能、血糖値について。

菊芋の主要成分イヌリンの働きによって、血糖値が下がり、インスリン量注入単位も減った、という口コミが見られます。

又血糖値の上昇を抑制する効能効果が期待できる事が研究発表された菊芋パウダー、「紅菊姫」のような健康食品も登場しています。

菊芋の効能、善玉菌を増やす。

菊芋イヌリンは難消化性、つまり吸収されにくく大腸まで届き、善玉菌のエサになります。

その結果善玉菌を増やすことになり、腸内環境が改善される事に役立つ、とされています。

腸内環境の改善と糖尿病や高血糖などの生活習慣病の間には関係がある、と言われています。

菊芋の効能、血中脂肪の抑制

菊芋イヌリンは低カロリー、低脂肪です。

又菊芋イヌリンは善玉菌を増殖させて脂肪吸収を妨げます。

イヌリン自体に脂肪を包み込み脂肪吸収を防ぐ効果がある、という口コミもあります。

菊芋の効能効果とそのレシピは?

菊芋に期待される効果効能をひきだす為のレシピ?

ここでは菊芋パウダー、菊芋粉末の「紅菊姫」は菊芋を簡単に食事に摂りいれる事ができますが、その中でもお味噌汁に振りかけるのが美味しい、という体験口コミをご紹介しています。

菊芋の効能とその摂取量

菊芋の効能とその摂取量についての関係

菊芋パウダー「紅菊姫」は1包み3gで30包みで1っか月分です。

ですので、1日1包みを目安摂取量として飲むのが良い、と思います。

菊芋の食べ方、簡単に食べるには?

菊芋の食べ方、継続して簡単に食べるには?

菊芋の食べ方を調べますと、そのレシピとして「きくいものバターきんぴら煮」や「菊芋と干し大根の煮物」などいろいろと出てきます。

菊芋パウダーは、食事にふりかけたり、混ぜたりして簡単に摂りいれる事ができます。

 

菊芋の効能と菊芋パウダーの記事一覧

 
 

スポンサーリンク