菊芋の効能、血糖値について

菊芋の効能、血糖値の上昇を抑制する働きについて、です。

菊芋の主要成分である食物繊維、イヌリンの働きによって、血糖値が下がり、インスリンの量も減った・・・というような効能、効果の口コミや体験談が報告されています。

僕が調べた事で、イヌリンの働きを下記に挙げてみました。

  • 腸内環境を改善する働きがあり、その事でインスリンの働きを促進する
  • 体内の消化酵素で分解されにくく、ブドウ糖となって吸収されない
  • 他のでんぷん類と比較して低カロリーである

インスリンの働きがよくなれば、血液中のブドウ糖が細胞の中に取り込まれやすくなり、血糖値を下げる事になります。

血中の糖分を下げる、という事は血液をサラサラにする効果も期待できます。

糖尿病治療では、インスリンの働きが悪いのでインスリン注射をする事になりますので、菊芋イヌリンの効能効果によってインスリンの量を減らす事が期待できます。

以上菊芋、イヌリンの効能効果について僕が調べて理解している事をまとめてみました。

これらは、天然のインスリン、と呼ばれている理由、と思っています。

又菊芋を継続して食べられている方のネット上の口コミをみていますと、

  • 血糖値が正常に戻った、特に空腹時血糖値の下がり方が顕著
  • 血糖値の急激な上昇が抑えられた
  • 糖尿病、生活習慣病の症状でもある疲れやすさやだるさ、がなくなった
  • カラダが軽くなった

等、があります。

疲労感については、菊芋イヌリンを摂取する事によってインスリンを作る膵臓の働きが軽減された、と考えられます。

又菊芋自体、天然の食品なので薬との併用も問題ない、と考えメタボの僕は菊芋を食べよう、と思いました。

そして長年、糖尿治療を続ける母にもすすめてみよう、と思っていた・・・そんな時に赤菊芋の粉末、「紅菊姫」を見つけました。

産経新聞社が販売しています、イヌリンの含有量が菊芋の中でも多い品種、茨城県太子町のフランス種紅菊芋を無添加で粉末パウダーにしたものです。

紅菊姫は、血糖値を下げる事が学会で発表された他にはない菊芋です。

菊芋はいつでもどこでも手に入るものではないため、粉末にして常時販売されているものを探しました。

その紅菊姫の体験口コミを僕と母にについて、まとめています。

母は、紅菊姫を飲みだして約2週間後、急に高くなっていた血糖値が下がりつつある傾向が出てきました。

菊芋の効能,赤菊芋の効能,効果,菊芋,赤菊芋,効能,口コミ,粉末,イヌリン,糖尿病,インスリン,体験,血糖値を下げる,フランスキクイモ,フランス菊芋,キクイモ,きくいも,産経新聞,パウダー

菊芋粉末を毎夕食時に摂りだした
糖尿病治療中の母の血糖値が
下がる方向で安定してきました。詳細はこちらから

⇒菊芋粉末を続けて良かった、糖尿病の母の嬉しい変化とは?

 

菊芋の効能と菊芋パウダーの記事一覧