菊芋の効能、腎臓について

菊芋に期待される効能と腎臓について、です。

クレアチニン値とは?

クレアチニン値とは、腎機能の状態を知るための値で、この値が高くなるとクレアチニン濃度が高くなって腎臓の機能が悪くなります。

クレアチニンは老廃物で、腎臓でろ過され、尿として排泄されるのですが、腎臓の問題があればろ過されずに血液の中に残ってしまいます。

クレアチニン値ある一定の値より高くなりますと腎不全、尿毒症になり、透析の必要がでてきます。

菊芋はクレアチニン値を下げる!?

菊芋は、でんぷんを含まず、水溶性食物繊維のイヌリンを多く含み、イヌリンは他の植物性食品と比較してもその含有量は菊芋が群を抜いて多いです。

そして、菊芋を食べるとこのクレアチニン値が下がるという事例が報告されています。

その理由として考えられる事は、イヌリンには利尿作用があり、腎臓の機能を回復するのを手助けするから、といわれています。

イヌリンは、消化されても糖にはなりませんので、その事から糖尿病との関係、そして糖尿病性腎症との関係が言われています。

道の駅で売っている「天然のインスリン」

郊外へ車でお出かけした時に道の駅へ立ち寄ったりすると摂れたての菊芋が売っていたりします。

「天然のインスリン」等と書かれていて最近では食べやすい菊芋チップスなども多いように思います。

血糖値に関しての菊芋、イヌリンの認知度は高くなっているのでは?と感じています。

糖尿病、腎臓、そして菊芋

菊芋が、血糖値を下げて糖尿病予防に繋がる、そんな口コミが一般的になってきました。

そして糖尿病がより悪化する事によって腎臓疾患になる事は良く知られています。

このような事から「クレアチニン値を下げる」という研究などと並行して、菊芋の効能として腎臓に関する事が説明されている、と理解しています。

腎臓病の薬治療と菊芋サプリ、菊芋粉末

例えば既に薬を服用されている方で、より効果が期待できるものを、と考えた時に薬は今飲んでいるものとの相性も含めて、副作用に気を付けなければなりません。

その点、菊芋の健康食品は薬のような副作用は心配ありません。

(それでも、食品なので・・・という回答が多いでしょうが、念のためお医者さんに確認した方が良いでしょう。)

菊芋サプリや菊芋粉末を使われる方の中には「薬は増やせないから」という方も多いです。

菊芋サプリの選び方

天然の菊芋を成分しているもの、自然食品と云えるものが良いでしょう。

又自分に合うかどうか確かめる事が必要ですので、初回がお手頃価格で入手できるものがおすすめです。

 

菊芋粉末パウダーの選び方

タブレット状のサプリではなく、毎日のお味噌汁や食事にふりかけたりして続けたい方には菊芋粉末パウダーがおすすめです。

血糖値の上昇抑制などの研究発表がされている菊芋粉末がおすすめです。

 

菊芋サプリ、菊芋粉末の注意点

菊芋に期待されている効能として、腎臓に関する口コミを書いています。

ここではおすすめの菊芋サプリ、菊芋粉末をご紹介していますが、腎臓に対して即効性のあるものではなく、間接的に効果が期待できるもの、としてご紹介しています。

その点を理解したうえで、コストも考えながら健康食品を続ける事が良いでしょう。

 

菊芋の効能 記事一覧