菊芋イヌリンを加熱すると?

水溶性食物繊維イヌリンを多く含んでいる菊芋は加熱して食べる事で、イヌリンの効果や性質は変わるのでしょうか?大学の研究では単純に100℃ぐらいの加熱では性質は変わらない、との事です。

野菜や植物の中でも特に菊芋に多く含まれる水溶性食物繊維イヌリンにはどうなのでしょうか?

イヌリンは加熱処理では変化しない

大学での研究では100℃程度の加熱処理ではイヌリンはほとんど変化しない、という事です。

但し又別の研究発表の内容からですが、イヌリンは酸性の状態で加熱すると変化する、との事です。

菊芋がお酢の料理に使われない理由

酸性であるお酢を使ってする料理に菊芋があまり使われないの葉、このイヌリンの酸と合わせての加熱による変化が原因かもしれません。

酢豚に菊芋、とかあまり聞きません。

ただし、加熱しないで酢の物に入れる事は問題ありません。

菊芋の加熱処理は殺菌効果

菊芋は土の中で育った根の部分を食べますので土壌菌などの菌が心配になってきます。

菊芋はイモ類ではありませんが、芋類同様加熱処理して食べた方がより安全です。

そういう意味でも加熱によってイヌリンが変化しない、という性質にようって加熱は殺菌だけのメリットになります。

菊芋の健康食品の中でも、加熱によってサプリ、粉末、お茶などされているものの方がより安全、という口コミもあります。

菊芋を茹でる場合の注意点

菊芋は熱によってイヌリンなどの成分は失われる事はありませんが、水道水で茹でるのはNGです。

水道水に含まれる塩素がイヌリンの性質を変えるので、塩素を含んでいないお水を使うようにしましょう。

菊芋チップスが人気

イヌリンのその健康効果がテレビで取り上げられるようになった事に加え、加熱売る事によってその性質や栄養価が失われない、という事から手軽に作れて美味しい菊芋チップスが人気です。

菊芋独特の風味が苦手な方でも揚げることによってサクサク食べられるのが良いですね。

菊芋サプリを食物繊維で比較すると

菊芋に期待されている健康やダイエットに関する効能や効果は、このイヌリンを主とする豊富な食物繊維によるものです。

そこで菊芋サプリの中で最も食物繊維に関して説明しているのはルックルックイヌリンプラスではないでしょうか?

1袋にレタス153玉分の食物繊維、といのはちょっと驚きですね。

ルックルックイヌリンプラス1日で640

小型の粒状のサプリで1日目安6粒、1袋186粒で約31日分です。

ですから、1袋レタス153玉、つまり31で割って1日6粒でレタス約5個分の食物繊維!という事になります。